murmuring journal -布と糸の日々-
布と糸で絵を描く作家の日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
個展します。
大阪のギャラリー、MAISON D’ART(メゾン・ダール)さんのご好意で
個展をさせていただくことになりました。
期間は11月18日から30日までの2週間です。


このギャラリーさん、なんとパリにもギャラリーをお持ちで
オーナーの方は10月のパリでのイベントの準備で大忙しだそう…
でもパリのギャラリー…なんだか素敵な響きです…。

詳しい個展の情報はまたご紹介します。

今はそれに向けて新作をバンバン作って…いればいいのですが
なかなかすすみません。

そこで、愛用のハスクバーナミシンを購入以来1年半、
懸案事項だったことを解決しました。

それは、説明書。

スウェーデンの会社のミシンなので、説明書も備品カタログも
何もかも、全て英語だったのです。
一般購入者もこの難解な説明書を
辞書と首っ引きで調べてるのか!?
いや、それはおかしい…

…と思いつつも、何となくごまかしごまかし使っていました。
しかし、急に困った時など、見るページを探すのもなかなか大変。
で、業者に問い合わせたところ、
あったんですよ…。
日本語の説明書…。

HI370116.jpg

HI370117.jpg


本来、英語の説明書と同梱しているらしいのですが
手違いで入っていなかったようです。
1年半前の向こうのミスですが
昨日お願いしたら、今日の朝には届いていて
その迅速さで許す!

これで今までモヤっとしてたことも解決しそうです。

更に、個展に向けての制作を楽しく快適なものにするために
備品もいくつか購入しました。

こちらも届くのが楽しみです!!








スポンサーサイト
【2009/08/29 22:09】 | 制作日記 |
P1040070.jpg



こちらのブログでのコメント・トラックバックの受付けを中止しました。
いままでありがとうございました。

こちらに移動してますので
良かったら遊びに来てください!

http://murmuring.chu.jp/index.htm

お待ちしております。
【2008/06/20 22:35】 | 日々の事 | トラックバック(0) | コメント(0) |
脱本末転倒
このところずっとHP上からブログのリンクを切っていたのですが
このたびギャラリーページのリニューアルに伴い、HPにブログを戻すことにしました。

そもそもがHPのアクセス増えたらいいなあ、
いろいろな人に作品見てもらうきっかけになればいいなあ、
と思ってはじめたブログ。
ですが内容があまりにも作品と関係なさすぎじゃ…?と思い、リンクを切っていました。
しかしながらリンクを切ったらHPへのアクセス、ほとんど無くなってしまった…。
うふ…私の実力って…。

ということで、ほぼ一年経ったここら辺りで初心に戻り、
制作関連を中心にHPからアップしていこうと思います。
ま、あくまで初心というのは”初めの内だけの心意気”という意味なので(ちがうちがう)、
すぐに美味しかったものとか魔界探訪紀とかが席捲してくると思いますが…。

アドレスが変わってしまうので今までこのブログをご覧いただいていた
有徳かつ御奇特な皆様、本当にありがとうございました。
是非ひき続き新しい方もご覧いただければ、と思います。
ささ、ゲルマン民族になった気持ちで大移動いたしましょう~。

こちらからdiaryでお入りいただけます。


atelier murmuring



とはいえ、このブログもしばらく残します。
更新はあまり出来ませんが、あわてて削除することもないだろうと思い…。
(ついでにくだらない事はこちらに書くかもしれないし…。)

そんなわけで皆様、今後は新しいdiaryをよろしくお願いします。

ひとまずさらば 











最後にクリーック!










【2008/02/03 22:02】 | 日々の事 | トラックバック(0) | コメント(2) |
割烹料理屋でコスタリカ料理

ずっと以前から気になっていた食事処に行きました。
「割烹二葉」です。
場所は蒲田。しかも京急蒲田駅から徒歩7~8分くらいという辺境(私にとっては…)にあります。
殺伐とした環線道路近くの住宅地の中にぽつんとあるお店です。


HI370040.jpg


純和風なたたずまいです。
が、ちょっと見づらいですが暖簾を良く見てください。

うなぎ、天ぷら…コスタリカ料理

そう、ここは全国でも数少ないコスタリカの料理が食べられる割烹なのです。
(数少ないというか割烹&コスタリカ料理は日本唯一でしょう)
割烹料理屋にお嫁に来たコスタリカ人の奥さんが
お店が傾きかけて閉めようか…となったときに
一念発起してコスタリカ料理をメニューに加えたという、
成り立ちは結構想像しやすい感じです。

しかし割烹料理店にそのまんまコスタリカ料理を持ってきちゃったところが普通じゃない。
ついラテンで陽気なコモエスタセニョーラなテイストにしてしまいがちですが
コスタリカっぽいのは壁に国旗がかけてあるくらい。

HI370038.jpg


カウンター6~7席と、畳にちゃぶ台2つという、小さい割烹屋のメニューに
ふろふき大根、鯛アラ煮などとならんでガジョ・ピントとかケサディーリャとか書いてあります。

私たちはやはりコスタリカ料理を頼みましたが
常連さんらしいお客さんは「刺身と焼酎」とかたのんでいました。


HI370037.jpg


HI370039.jpg


↑ガジョピント(コスタリカのポピュラーなチャーハン)と…なんだっけ…。


料理は珍しく、味は美味しく、量も多い。そして安い、といいこと尽くめでしたが
しっとりしたいカップルには不向きかも…。

雪が降るといわれたほど寒かったこの日、電車とバスを乗り継いで、しかもちょっと迷ったりして到達したコスタリカ料理。
まさに「酔狂」(by同行の友)としか言いようがありませんが
珍しいものを珍しい場所でいただけて、なにやら達成感のある夕餉でした。













お近くの方はぜひ。



【2008/01/29 14:53】 | 日々の事 | トラックバック(0) | コメント(0) |
イラストレーション 発売
しつこいことは重々承知で宣伝させていただきます。

雑誌イラストレーションのチョイス年度賞で入賞したと以前書きましたが、26日にその結果の掲載号が発売されました。


イラストレーション


その年に審査員を務めた6名が集い、侃々諤々と意見を出し講評するのでどんなこと書かれるだろう…とドキドキしていましたが、概ね好意的な意見が多くちょっと安心…。
ささ、皆さんともかく本屋へGO!
(大きい声では言えませんが、立ち読みしてください)










山口晃の特集号なのも嬉しい。




【2008/01/27 17:32】 | 制作日記 | トラックバック(0) | コメント(3) |
打ちのめされました
またまた知人から借りっぱなしになっていた本を読みました。
2006年に逝去された米原万里さんの書評集「打ちのめされるようなすごい本」です。
まずタイトルが好き。

416368400X.jpg



1995年から亡くなる直前まで、雑誌などに連載していた書評を一冊にまとめた本です。
この人の作品は、軽いエッセイを雑誌か何かで読んだことがあっただけでしたが、なんてもったいないことをしていたんだろう…と後悔しきりです。
博識と的確な表現と面白い語り口で、軽い本から専門書まで多岐にわたる本をサラサラどんどん書評していきます。
ロシア語通訳という仕事柄ロシアや東欧の政治に絡んだ難しそうな本が多いのですが、まるで自分で読破してしまったかのような気がしてきて自分も明晰な頭脳を持っているような錯覚に陥ることが出来ます。
これ読んでみよう、あ、これも、と抜き出した本だけで私の読書ライフ、今後2年くらいは持ちそう。

この人がこの脳みそを持ったまま、50代で亡くなるなんて惜しいにもほどがある。
亡くなって「ちょっと何てことしてくれるんだ!」と文句を言いたくなる方が時々いますがこの方も間違いなくその一人です。











最初に思ったのが手塚治虫、一番最近が河合隼雄、一番くやしいのが杉浦日向子





【2008/01/23 00:23】 | 見・聴・読 | トラックバック(0) | コメント(2) |
定額小為替の怪
P1020291.jpg


最近ギョッとしたことがあります。
私は公募展の応募などの際、応募料を払うため定額小為替を時々使用しています。
郵便局で買えて郵便で送ることが出来るので、至極便利なものです。
で、久しぶりに1200円分の為替を買おうと窓口に行きました。
1000円の為替1枚と200円の為替1枚です。
一枚につき手数料を10円取られるので1220円用意しました。

しかし窓口のお姉さんは
「1400円です」。
えっ?と思いつつ1400円払って「もしかして手数料が値上げしたんですか?」と聞くと
申し訳なさそうに「そうです」
「いくらになったんですか?」
「一枚につき100円です」

瞬間、小泉純一郎の顔が脳裏をザザーっと横切っていきました。
(正確に言うとザ・ニュースペーパーのモノマネの小泉純一郎 )
                ↓
http://www.youtube.com/watch?v=LWLR2_VB6rE

…。
信じられますか?10倍です。
100円の為替を買うのに100円必要なんです。
帰って検索してみたら、このネタでいろいろなところで燃え上がっていました。
今まで10円でやっていた手数料を、民営化したってだけで30円でも50円でもなく、一気に100円まで上げる理由がよく分かりません。
あんた、この値段でいやなら買ってくれなくていいんだよ、という、ヤミ米状態です。
つまりJPは、もし売り上げが下がったらもうこの制度廃止してもいいや、手間かかるし。…くらいの強気ってことですよね。

私は今後可能な限り公募は持ち込みにしようと心に決めましたが
地方から送付してくる人は為替を使わざるをえないですから、納得いかないわお金は無駄になるわで公募人口減るかも。

あ…もしかして競争相手が減る…?













画像は面白いのでぜひご賞味を




テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

【2008/01/20 22:50】 | 日々の事 | トラックバック(0) | コメント(2) |
大根
車でよく通るところに野菜の無人直売所があります。
スルーすることが多いのですが、数日前通りがかった際なんだか巨大な白いものが目に入り寄ってみたら大根でした。
200円だったので(育ちすぎて中にスが入ってるかもしれないので安いらしい)買ってみました。
でかい、そして重い…。
車までのわずかな距離もえらい苦労して運びました。

P1030108.jpg


葉っぱも根も取ってしまったし、写真で見るとそう大きさを感じませんが、シンクいっぱいのサイズです。(手に持っているのは普通の大根です。)
予想に反して瑞々しくて甘くておいしい大根だったのですが、煮ても茹でても漬けてもおろしても、いつまでもなくならないのでした…。













クリックよろしくお願いします。




【2008/01/18 23:53】 | 日々の事 | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム | 次ページ
プロフィール

miyo

Author:miyo
布と糸で作品を作ることで茶碗に半分のご飯をよそい、もう半分よそうために派遣で働いています。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

リンク


アトリエmurmuring

かんりにんのHPです。 遊びに来てください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。